2011年04月28日

浮気

浮気心は誰にでもあるもの。インターネットでは、あなたの浮気度鑑定というようなサイトも見かけます。


浮気度鑑定

http://www.advancejp.com/kantei/uwaki.html


しかし現実に夫や妻が浮気しているとしたら、こんなネットで遊んでいる余裕はありませんね。浮気は良くないものと誰しもわかっていますから、ばれないように努力します。そんな相手の浮気をチェックするには、どうしたらいいでしょうか。


浮気チェックで一番注目したいのは携帯電話。携帯電話は連絡を取りあう上で最も手軽な手段なので、当然その方法を浮気でも使うからです。


携帯電話に関係した浮気のサインの例としては、「常に携帯電話を離さない」「電話がかかってきたらすぐ折り返す」「相手の携帯に電話したら話し中ばかり」「発着信履歴・メール送受信履歴がいつもクリア」「携帯に触ると怒る」「携帯電話にロックがかかっている」「通話明細から、特定の番号に頻繁にかけていることがわかる」等などがあります。


その他、「金使いが荒くなった」「身なりが変わった」「食事や趣味などの好みが変わった」「帰宅時間が遅くなった」「外出が多くなった」「自分の行動に口ださなくなった」等も、浮気しているとよく起きることです。


浮気チェックなど、できればしたくないものですが、こんな現象が起きていたら、要注意ですね。
posted by GHKMS at 15:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

浮気

浮気とは恋愛問題でよくあがることの一つですね。また浮気とは恋愛以外にも、「気分転換にいろんなことに関心をもつこと」という意味で使われます。浮気をした相手に配偶者がいる場合、それは「不倫」と呼ばれます。


浮気心は、誰しももっています。どんなに愛し合っている時でも、素敵な異性をみかけると、「かっこいいな」「かわいいな」と誰しも思うはずです。結局「恋愛相手しか目に入らない」というほどの集中力は、人間にはないわけです。


「浮気」には、「気分転換に」他のものに興味を示すという意味もあると先に説明しましたが、気分転換欲求は誰でももっているのです。それが恋愛面で高じると「浮気」となるわけです。


浮気心が誰でも持っている要素だとしたら、どうしたらいいか。それは「浮気心」が全開して行動に移してしまわぬように、男女の双方が互いに努力をする必要があります。


「浮気をした方が悪い」「された方が悪い」と後から言っても傷は深まるだけ。まずは日頃から、常に自分が、相手にとって、浮気相手よりも魅力的で信頼しあえるパートナーであるよう心がけましょう。気分転換の浮気ならば、信頼している相手を裏切るまではしないはずですから。
posted by GHKMS at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

別れ方

別れ方を気にするよりは、恋愛が成就することを誰しも考えたいものです。しかし、それでも別れる場面がきてしまったなら、できるだけ上手な別れ方をしたいもの。


上手な別れ方とは、最低でもトラブルは起こさない別れ方です。そのためには、相手をまずよく知ることが大切です。恋愛がうまくいくためには相手をよく知る必要があるわけですが、別れる時はさらに必要というのが、恋愛のおもしろいところですね。


相手を知ったら、相手が逆切れしない別れ方を選択すること。「時間をかけて離れていくといい」と判断できたら、時間をかける戦術をとるわけです。


別れ方のポイントは、いかに相手の立場にたてるかです。「別れる」その一点だけは譲れないけど、あとは相手のために行動する覚悟をもちましょう。そうであれば、それほどこじれることはありません。


また金銭トラブルやストーカー、暴力といったトラブルが起きそうだったら、速やかに関係機関に相談すること。インターネットのHPからの問い合わせやメール相談などもありますから、積極的に活用しましょう。


上手な別れ方をしたにせよ、下手な別れ方をしたにせよ、「別れ」は貴重な人生経験になります。自分を磨く意味で「別れ」に向き合うといいでしょう。
posted by GHKMS at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。