2011年11月16日

告白

告白は男からしようと女からしようと、うまくいけばそれにこしたことはないもの。恋愛がそこで一気にヒートアップするか、一気に散るか――まさに告白は「恋愛の岐路」ともいえます。


「告白しても、きっとイケる!」とどの程度で判断するかは、人それぞれ。たとえば、彼女が自分の家まで送らせてくれたり、彼女の両親と遭遇するような至近距離まで近づけてくれたなら、これは告白しても、失敗はそうないでしょう。通常女性は、好意をもっていない異性に自宅の場所を教えないからです。


告白するには場所や時間も大切です。「人ごみの中でドサクサ紛れに」というのも一つのドラマですが、2人きりでそれなりにロマンチックなシチュエーションの方を女性は好みます。


「告白は夜景の見える場所で」というのは昔からの定番ですが、夜景は確かに気持ちが盛り上がって、いい雰囲気を作ってくれます。


といってもこれは、告白される側の視界に夜景が入ることがポイント。告白する側が夜景で1人盛り上がっても、相手に「夜景効果」がないと、相手はシラけてしまいます。ちょっとした盲点ですね。
posted by GHKMS at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。